HOME>オススメ情報>塗料よりも外壁に目を向けてみることも大事

フッ素塗装という内容

塗装

今、埼玉で注目されているのは外壁塗装の塗料のグレードではなく、外壁材にあるようです。現在のシェアは1割程度ですが、今後、戸建て住宅の外壁の4割程度が注目される材料に変わり、増加する可能性が持ち上がっています。それが、金属サイディングです。2枚の金属材の間に断熱材を挟み込んだ素材で、外壁塗装としてはフッ素塗装などの特殊な塗装が施せます。フッ素塗装により耐久性を強化することができる点も注目されており、断熱材を挟み込んでいることで断熱効果も高まるようです。また、外壁塗装業者いわく、軽量であるため、施工も容易で、建物の躯体への負担も軽くなることで注目されていることを挙げています。価格的には、傷みの少なさ、汚れコーティングなどを加味しても得といわれています。

ひび割れしない塗料選び

男性作業員

埼玉の中古住宅の外壁は、モルタルを仕上げ材に使用した外壁であるケースが多いようです。加工のしやすさ、安価、耐火性能も高いことから中古住宅の壁材に使われていました。もちろん、短所を補うために外壁塗装が行われるのですが、この場合には仕上げの善し悪しが左官の技術に左右されること、細かいひび割れが生じることにあります。だからこそ、外壁塗装にはひび割れしない塗料を選んだり、技術力のある業者による外壁材そのものの室外工事が提案されています。

デザインも変えることが可

住宅模型

今、埼玉エリアの新築一戸建ての外壁には、窯業サイディングが使用されています。この素材は、防火性や耐火性に優れ、さらに乾式工法を用いることができるのが特徴です。水分を含む材料を使用しないので、乾燥を待つ時間が不要になりますから、外壁リフォームにも最適な工法です。外壁塗装では色柄の種類が豊富なため、外観を洋風にも和風にもデザインすることさえできます。表面の塗装が5年から7年で劣化するので、10年ほどで塗り替えが必要となるので、外壁塗装費を少しずつ積み立てておきましょう。

広告募集中